最終更新日
 2021年11月25日

株式会社デベロップ

宿泊業 / 不動産取引業 / 不動産賃貸業・管理業 / 熱供給業 / その他の製造業 / 娯楽業 / その他の教育,学習支援業

千葉県市川市市川1-4-10市川ビル8F

商品・サービス

プレスリリース

掲載実績

  • テレビ

    ・NHK総合「おはよう日本」
    ・NHK総合/国際「NHK WORLD」、「NEWSLINE IN DEPTH」
    ・NHK総合/首都圏「首都圏ネットワーク」
    ・NHK総合/名古屋「まるっと!」
    ・NHK総合/大分「いろどりOITA」

  • テレビ

    ・フジテレビ「Live News it!」
    ・テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
    ・日本テレビ「ZIP!」

  • テレビ

    ・テレビ高知「KUTVニュース」
    ・名古屋テレビ【メ~テレ】「ドデスカ!」
    ・山形放送「YBC News every.」
    ・東海テレビ「ニュースOne」
    ・琉球放送「RBC NEWS Link」
    ・OAB大分朝日放送「じもっと!OITA」
    ・TOSテレビ大分「ゆ~わくワイド&News」
    ・OTV沖縄テレビ「OTV Live News イット!」

  • テレビ

    ・とちぎテレビ「とちテレNEWS」、「イブ6プラス」
    ・千葉テレビ「NEWSチバ」、「シャキット!」
    ・群馬テレビ「GTVニュース」
    ・テレビ神奈川「TVKニュース」

  • テレビ(BS)

    ・BSフジ「知りたい!SDGs」

  • 新聞

    ・日本経済新聞/日経産業新聞(1面)
    ・朝日新聞/朝日小学生新聞
    ・読売新聞
    ・毎日新聞

  • 2020年【テレビ】15本、【新聞】36紙に紹介されました

達成しようとしていること

  • 災害時に活躍する「動く」ホテルを全国に展開し、強靭なまちづくりに貢献

    平時はビジネスホテル、有事は被災地へ駆けつける「レスキューホテル」の迅速な出動を目指し、拠点と出動エリアの拡充を目指します。

    弊社はコンテナ建築メーカーとして、建築用コンテナモジュールを利用した「動く」コンテナホテル「HOTEL R9 The Yard」シリーズを全国で展開しています。
    同ホテルはコンテナ1棟を1客室とし、客室の下にタイヤが附属するため、牽引車と牽引し1棟ずつ移動が可能です。
    この利点を活かし、ホテルとして運営される客室を、災害など有事の際は被災地へすみやかに移設し、避難所等として利用する「レスキューホテル」の役割を担います。

    また平時より、全国の自治体と「レスキューホテルを優先的に提供する」旨の災害協定締結協議を進めています。
    レスキューホテル出動拠点となるホテルを全国に拡充し、自治体と災害協定の輪を広げることで、災害時によりスムーズな出動を可能にすることが目標です。

  • コンテナホテルで地域の賑わいを創出

    弊社の展開するコンテナホテル「HOTEL R9 The Yard」シリーズは、1ホテル30客室前後と通常のビジネスホテルに比べ小規模から開発が可能です。
    そのため、宿泊施設の不足する郊外や市町村への積極的なホテル誘致が可能となり、地域の賑わいを創出します。
    結果としてビジネスマンや観光客の誘引だけでなく、周辺飲食店の活発化や地域雇用を創出を実現します。
    「ホテルのなかった場所にホテルを」を目標に掲げ、同ホテルが地域創生の一環としてお役に立てるよう全国に展開してまいります。

  • 常に新たな事業領域に挑戦

    2007年に創業したデベロップは、時代の一歩先を読んで新領域にチャレンジし、トライ&エラーを繰り返しながら事業の拡大を図ってきました。
    今後も大企業には真似のできない圧倒的なスピード感と既成概念に捉われない斬新なアイデアで、新たな事業領域へチャレンジしていきます。

役員陣

  • 岡村健史

    代表取締役 社長 CEO

  • 菅原淳

    取締役 副社長 COO

会社概要

会社名 株式会社デベロップ
所在地 千葉県市川市市川1-4-10市川ビル8F
代表者 岡村健史
設立 2007年2月
資本金 3,000万円
従業員数 600名(2021年10月時点)
リンク https://develop-group.jp/

追加情報

Q&A

  • 競合企業に比べて突出している強みを教えてください。また、その強みはなぜ生まれましたか?
    弊社はコンテナ建築のリーディングカンパニーとしてコンテナホテルの国内No1シェアを誇ります。
    土地の開発からホテルの建築・運営まで一貫して行うため、工期やコストの大幅な縮小が可能なことから
    年間20~30店舗と、ハイスピード且つハイクオリティなホテルの全国展開を実現します。

    また、災害時に活躍するホテル「HOTEL R9 The Yard」シリーズは、
    公益性の高さから、国土交通省および70を超える自治体と災害協定を締結しています。
    平時より、自治体との協力体制強化を図ることで、発災時には迅速に被災地へ駆けつけることが可能です。
  • 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)に向けて取り組んでいることを教えて下さい。
    レスキューホテル・コンテナ型モジュール建築事業の取り組みで「9.11.12」の項目のSDGs事業認定を取得しています。

    【あらゆる災害に備えられる、多目的コンテナ】
    自治体の強靭なまちづくりへの整備計画・開発に貢献します。また、建築用コンテナモジュールが持つ柔軟性などの特性を生かし、多様なニーズに対応可能なため、災害時の住宅確保にも活用します。
    地域の医療拠点・行政拠点に隣接し、仮設所等として利用ができるなど地域防災にも貢献する新しい社会インフラを確立しました。

    【復興インフラとして自治体の負担を軽減】
    復興インフラとしても活用されるレスキューホテル「HOTEL R9 The Yard シリーズ」の普及により、各自治体等における復興インフラの「保有」から「必要時に利用するのみ」と、
    大幅な負担軽減の実現、資産・資源の有効活用が可能です。

プロモートシート

OFFICIAL素材

OFFICIAL素材のダウンロードは、
メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

送信エラーが発生しました

画面を読み込み直してください

メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
メディア登録されていません

email
password

送信エラーが発生しました

画面を読み込み直してください

メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
メディア登録されていません

「話を聞いてみたい」の送信は
サインインしてからご利用ください

email
password

入力した内容を送信する

送信が完了しました

Loading
Update!
Export!
Upload!