最終更新日
 2021年07月02日

HUROM株式会社

電気機械器具製造業

東京都中央区日本橋茅場町1-4-6木村実業第二ビル7F

商品・サービス

プレスリリース

掲載実績

  • 雑誌「LEON」

    https://www.leon.jp/electronics/70723

    4月25日掲載 LEON6月号「出しっ放しでも映える「マットな黒家電6」」で弊社製品H-AAが紹介されました。

  • 雑誌「天然生活」

    4月20日掲載 雑誌「天然生活6月号」にモデルはなさんがオススメする「素肌が元気になる ナチュラルなスキンケア」にて弊社製品H-100が紹介されました。

  • 家庭画報.com

    https://www.kateigaho.com/migaku/biyou/86688/

    2020年10月10日掲載
    元NHKアナウンサー墨屋那津子さんが提案する「腸活の手応えがないなら「量不足」かも?ビフィズス菌と食物繊維の大量投入を!」にて弊社製品アドバンスド100が紹介されました。

  • 雑誌「Fine」

    2021年3月9日掲載 Fine4月号「アクティブ派のやる気スイッチ100」にて弊社製品H-200が紹介されました。

  • 雑誌「Casa BRUTUS」

    2020年9月30日 Casa BRUTUS特別編集「美しいキッチンと道具。」に弊社製品H26が掲載されました。

  • 雑誌「GLOW」

    2020年11月27日掲載 GLOW1月号「暮らしが充実!買ってよかった家電」にて、弊社製品H-200が紹介されました。
    (美容家・山本未奈子さん、ヘアメイクアップアーティスト・岡野瑞恵さん他推薦)

  • WEB「Precious.jp」

    https://precious.jp/articles/-/18908

    2020年6月2日掲載 Precious.jpの「人気のカフェシステムから電気圧力鍋まで!おうち時間が充実する「高級調理家電」5選」にてアドバンスド100が紹介されました。

  • Web Magazine 「Libera」

    https://www.e-libera.com/newproducts/2019/11/hurom/

    2019年11月15日Web Magazine 「Libera」にて弊社製品アドバンスド100が紹介されました。

  • 日本経済新聞

    2019年10月28日掲載 日本経済新聞・夕刊「トレンド」にて弊社をご紹介いただきました。

達成しようとしていること

  • 私たちのミッションは、積み上げてきた技術でさらに次の技術を生みながら、人々の健康的なライフスタイルに寄り添うことです。

    ヒューロムは、1974年に「1杯のジュースで人々を健康にしたい」という創業者の思いのもとに創業いたしました。当時普及していた青汁搾汁機を、より使いやすく、より無駄なく、栄養価の高いジュースが搾汁できるよう、世界で初めて縦型スロージューサーを開発。
    社名にも込められた「人類(ヒューマン)のために」という理念のもと、いちばんの栄養である野菜・果物がもつ自然の恵みを最も効率的に摂取するためのスロージューサーの研究開発を行っており、2005年には世界初の低速搾汁方式(SST)ジューサーを発表しました。
    ヒューロムは積み上げてきた技術でさらに次の技術を生みながら、今もこれからも人々の健康的なライフスタイルに寄り添っていきます。

役員陣

  • 金 再垣

    代表取締役

会社概要

会社名 HUROM株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-4-6木村実業第二ビル7F
代表者 金 再垣
設立 2011年6月
資本金
従業員数
リンク https://huromjapan.com/

追加情報

  • 累計販売台数(世界85か国累計)

    累計販売台数は890万台を突破、世界85カ国で愛用されているジューサーブランドです。
    (※販売台数、展開国数は2018年5月時点のもの。)

Q&A

  • 競合企業に比べて突出している強みを教えてください。また、その強みはなぜ生まれましたか?
    ■世界初「スロー・スクイージング・テクノロジー」を発表
    食材を上からプレスするスクイーザーに、ツイストしながらゆっくり搾るスクリューを組み合わせた、ヒューロム独自の技術です。金属の刃を使わずに、ゆっくり、しっかり搾汁すると、野菜や果物にかかるストレスや熱は最小限に留められ、栄養成分を逃しません。ヒューロムが創業以来ずっと目指してきた“誰もが使いやすく、誰もが自然の恵みである栄養を最大限に摂取できます。

    ■静かで安定駆動のACモーター搭載
    摩擦などでオーバーフローする心配がなく、安定して駆動するACモーターを採用。その理由は1分間に40回転というペースを保ち、食材の細胞を傷つけずに滑らかなジュースを搾るためです。柔らかい食材も、硬めの食材も、同じパワーでしっかりと栄養素と水分を搾り取ります。
  • 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)に向けて取り組んでいることを教えて下さい。
    ■食品ロス削減
    <規格外食材を利用したジュースイベントの実施>
    ・青山ファーマーズマーケット( 2018.11.17-18)
    「Hurom×規格外野菜~ジュースの味はどんな味~」をテーマにオーガニックのにんじん・りんご・レモンを使ったジュースのデモンストレーションを実施しました。

    ・東京ハーヴェスト( 2017.11.11-12)
    「”食材再生”ラボ~まるごと使って、あらたな未来へ~」をテーマにプロジェクトに賛同いただいた農家さんに提供いただいた、規格外野菜をまるごと搾ってジュースをつくる体験型プログラムを実施しました。
    ”自然の恵み”に感謝し、無駄を「可能性」に変える仕組みを提案し食品ロス削減に取り組みました。

    https://huromjapan.com/csr/env/

プロモートシート

OFFICIAL素材

OFFICIAL素材のダウンロードは、
メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

送信エラーが発生しました

画面を読み込み直してください

メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
メディア登録されていません

email
password

送信エラーが発生しました

画面を読み込み直してください

メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
メディア登録されていません

「話を聞いてみたい」の送信は
サインインしてからご利用ください

email
password

入力した内容を送信する

送信が完了しました

Loading
Update!
Export!
Upload!