年代・ジャンル
  • 担当カテゴリ
  • 担当詳細ジャンル(プロダクト)
  • 担当詳細ジャンル(サービス)
  • 販売先
  • 1st・ONLY表記
  • 現象・ファクト
  • 課題・トラブル
  • その他キーワード
  • シーズナル
  • エリア
  • email
    password
    パスワードをお忘れの方、ログインができない方はこちら

    勤務先での金融教育については「不十分」な一方で、 NISAへの学びの意欲は高い

    金融アドバイスのクレア・ライフ・パートナーズ調べ

    情報解禁日時:2023年03月16日 17時00分

     株式会社クレア・ライフ・パートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 工藤将太郎)は、去る1月19日に発表した「資産形成・資産運用に関する調査」の報告の第一弾として、「勤務先での金融教育の満足度」・「勤務先での研修・セミナー受講意向の重なり」についての分析を発表いたしました。

     そこからは、勤務先での金融教育については「不十分」だと感じている一方で、NISAやiDeCoなどの投資推奨の制度については学びの意欲が高いことがわかりました。

     新NISA制度が2024年と目の前にせまり、「貯蓄から投資へ」の行政方針によって、世の中の投資意欲は高まってきており、投資や資産形成に関する情報が増えてきています。

     その流れを踏まえて、国民の金融リテラシーや金融教育について、実際にどのようなニーズがあり、属性による違いや傾向を知るため、実態調査を実施いたしました。
     

    ※調査詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。https://drive.google.com/file/d/1nQMEpMJ_MSvYMvSxLvRhpZ2CJNTmFs4G/view

    ※調査分析の第1回は、1月19日に「世代別おカネの意識調査、Z世代男女に顕著な差が− 将来不安だが投資に消極的な女性、楽観的だが投資に前向きな男性」として配信済み
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000057001.html

     

    【調査概要】
    ・調査期間 2022年12月2~5日
    ・調査機関(調査主体)株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
    ・調査対象 日本国内の20~59歳の企業・団体に勤務している男女
    ・有効回答数(サンプル数) 1,111人
    ・調査方法 インターネット調査
    ・算出方法 クラス集計




    1.現状、職場での金融教育は不十分         

     現在職場で行われている金融教育の満足度は、36.0%(満足している8.0%・やや満足している28.0%)にとどまった。また、どちらともいえないの割合が約50%もおり、この層も興味深い。

     望ましい金融教育の上位は「資産運用・資産形成についての基礎的な知識」や「具体的な運用方法」であり、また意外にも「家庭管理に関する知識」も上位になっている。

     

     この結果から、「現在資産形成・資産運用を実施している層」と「資産形成・資産運用の実施経験はないが、興味はあると回答した層」ともに「資産運用・資産形成についての基礎的な知識を学べる」が5割前後でトップであった。

     また、「資産形成・資産運用の実施経験はないが、興味はあると回答した層」は「家計管理に関する知識を学べる」も高めであった。



     

    2.「ライフプラン」と「NISA」を関連付けた研修は受講意欲が高まる 
     
     勤務先での研修・セミナー受講意向は、「NISA/つみたてNISA・企業型DC・iDeCoなどの資産形成に関する研修・セミナー」がやや群を抜いている。これに「公的年金制度・老後資金に関する研修・セミナー」「生命保険などの具体的な投資商品に関するに関する研修・セミナー」「最新の投資手法、投資商品に関する研修・セミナー」「タックスマネジメント(税金の負担を軽くする工夫)に関する研修・セミナー」と続き、お金・投資に関する研修・セミナーのニーズの高さが伺える。

     また、研修・セミナーの受講の重なりをみると、組織・キャリア・ビジネス・ライフプラン系の研修・セミナーの受講意向がある者は、お金・投資系の研修・セミナーへの受講意向も高いことがわかる。
     



     この結果から「現在資産形成・資産運用を実施している層」と「資産形成・資産運用の実施経験はないが、興味はあると回答した層」ともに、「NISAなどの資産形成に関する研修・セミナー」の受講意向がトップで、こちら上位研修・セミナーはいずれも受講意向が高いことが分かった。



     

    3.職場での金融教育について、本調査の総括

     この結果より、企業は入社前から金融教育を社員に行い、入社後もキャリア形成研修と並行しながら、金融教育をプログラムに組み込むべきなのではないかと考える。

     また、企業内での研修の受講率を高めるため、「お金・投資系」と「組織・キャリア・ビジネス・ライフプラン系」の内容を組み合わせるという工夫ができるのではないか。

     調査内容の詳細な分析やコメントに関しては、クレア・ライフ・パートナーズの担当者が説明いたします。お問い合わせください。




    【クレア・ライフ・パートナーズについて】
     資産形成コンサルティングサービスをご提供。3か月~6か月かけて、ライフプランからマネープラン、投資商品の選定、お手続きまでを全てワンストップで実施。満足度95%以上の本サービスについての詳細は、HP上にお客様の声として300名分を公開しています。 

     就業規則の分析から、自社株の効率的な使い方、社会保障制度の活用まで多岐にわたる本サービスは、現在多くの個人・法人の方々にご利用いただき、最近では企業の福利厚生サービスとしての導入数も増加しています。

     

    【会社概要】
    社名   :株式会社クレア・ライフ・パートナーズ 
    本社所在地:〒163-0603 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル3F 
    代表取締役:工藤 将太郎(くどう しょうたろう) 
    事業内容 :ライフマネートレーニング事業、他多数。
    設立   :2012年7月
    社員数  :48名(正社員・非正規含む)
    公式HP : https://crea-lp.com/
    BAR FIVE Arrows | 緑とアートに囲まれながら食事を楽しめるBARダイニング:https://five-arrows.bar/


     

    関連資料

    関連資料のダウンロードは、
    メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    email
    password

    株式会社クレア・ライフ・パートナーズのプレスリリース

    話を聞いてみたい

    株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
    所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル3階
    代表者 工藤将太郎
    設立 2012年7月
    資本金
    従業員数
    リンク https://crea-lp.com/
    お気に入りを更新しました

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    「話を聞いてみたい」の送信は
    サインインしてからご利用ください

    email
    password

    入力した内容を送信する

    送信が完了しました

    Loading
    Update!
    Export!
    Upload!