年代・ジャンル
  • 担当カテゴリ
  • 担当詳細ジャンル(プロダクト)
  • 担当詳細ジャンル(サービス)
  • 販売先
  • 1st・ONLY表記
  • 現象・ファクト
  • 課題・トラブル
  • その他キーワード
  • シーズナル
  • エリア
  • email
    password
    パスワードをお忘れの方、ログインができない方はこちら

    高いリターン率で注目度増 「飲める有形資産」 ー投資商品としての「ウイスキー」ー

    ウイスキー投資市場 解説リポートを公開

    情報解禁日時:2023年01月28日 15時11分

    株式会社クレア・ライフ・パートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤 将太郎)は、世界におけるウイ スキーカスク投資の推移についてお知らせいたします。

    世界がポスト・パンデミックへと歩みを進める中、インフレの加速と市場の不透明感が社会に影を落としています。それは、同時に、 私たちがこの先どのように資産を保護・運用していくのか選択を迫られていることを意味します。正しい選択を行うには、正しい情報 を得ること。かつてない程その重要性が増しているといえるでしょう。 

    1.本リリースの目的 

    ウイスキーカスク投資市場は、2020 年に最初の”Whisky Cask Market Overeview in 2020”がリリースされて以来、大 幅な成長を遂げました。カスクへの投資は、世界各地の個人・企業投資家にとって、ますます魅力的な選択肢となっています。本リリースの掲載データは、レアウイスキーのスペシャリストである Cask88 のアナリストが、データモデリングアルゴリズムを用いてまとめたものを使用しています。これらのデータは、投資家・ウイスキー愛好家が全く新しい角度から、ウイスキーカスク投資市場を捉える 為に有効であると考えています。

    2.投資商品としてのウイスキーカスク 

    【ウイスキーカスクの特色】 

    ウイスキーカスクは、多くの点でほかの有形資産と似通っています。しかし、美術品やボトルコレクションとは異なり、ウイスキーカス クの資産価値は経済状況だけでなく、熟成によって変化するという点という特徴があります。購入したカスクは樽の中で熟成され、 熟成年数を重ねるごとに、より魅力的な商品へと変化します。 また、ウイスキーカスク市場では、資産は商品として扱われるのではなく、資産の出所それ自体が意味を持ち、さらに多くの徳性 によって、それぞれのカスクが一点物として扱われます。 その為、投資家にとっての最大の課題は、市場を正しく分析することであると考えられます。

     他市場と比較すると、ウイスキーカスクは、かなり高い率のリターン率を得ることが出来る投資商品であることが分かります。

    投資対象となる希少なウイスキーの過去 10 年のリターン率の平均は 540%にもなり、他の商品とは比較にならないほどの高リ ターンを期待することが出来ます。近年、ウイスキーカスクの投資商品としての価値は他の媒体でも多く取り上げられており、注目 度も増しています。

    3.BC20 と市場の動き 

    【BC20 とは】 

    BC20 とは、異なる蒸溜所・種類から抽出された 20 のサンプルカスクの市場での価値の変動を表しています。蒸溜所の選出 は、地理・知名度の偏りがないよう、ニッチから有名どころまで幅広く行われました。また、これらの蒸留所はカスク取引量が多く、そ こから得られた豊富なデータは、精密な市場予測に繋がっています。 以上の観点から、BC20 はカスク市場の健全性を迅速に把握するためのツールであることが断言できます。

    4.ウイスキーカスクの資本成長率について 

    下記のグラフは 24 か月分のデータ観測によるものです。

    データは、スコットランドの 80 以上の蒸留所、2000 以上のウイスキー カスクを対象としており、ウイスキーカスクの平均予想年間資本成長率を示しています。 ウイスキーカスク市場の安定性については、熟成が進むにつれ価値が増すという資本の性質に加え、グローバル経済の状況など、 対外的要因の影響を受けにくいという事実が大きく関係しています。ウイスキー市場は、過去 3 年間と同様に着実に推移してい ます。そして、BC20 はカスク市場全体を大きく上回る結果となりました。カスク市場全体の平均予測成長率 13.12%に対し、 BC20 の成長率は 14.36%に上ります。適切にカスクを組み合わせることで、最終的なリターン率の上昇を見込めるということで す。

    5.スコットランド蒸留所 TOP20

    6.世界のウイスキーカスク

    7.ニューメイクの成長率について

    8.まとめ

    今回の調査で注目したいのは、BC20の目覚ましい上昇です。2021年の第3四半期および第4四半期は、年初の若干の落ち込みから回復を見せ、データ収集が始まって以来、最大の伸び率を示しました。

    この著しい成長には、グローバル経済の状況が大きく関係しています。2021年の初め、市場が予想よりも早くパンデミックから回復したことで、経済はベアマーケットに突入しました。対して、下半期は強まるインフレ圧力、サプライチェーン危機、生産性低下といった諸問題が絡み合い、グローバル経済全体で悲観論が蔓延しました。

    高まる経済の先行き不透明感と、安全な有形資産を求める動きには、強い相関関係が存在します。ウイスキーカスク市場にとってこういった状況は有利に働きます。さらに、ウイスキーカスクが、金投資などの伝統的なリスク回避策を上回り続ける能力を有していることが、この報告をもって明らかになりました。

    4.クレア・ライフ・パートナーズについて

    国内では非常に珍しい、有料での資産形成コンサルティングサービスをご提供。3か月~6か月かけて、ライフプランからマネープラン、投資商品の選定、お手続きまでを全てワンストップで実施。満足度95%以上の本サービスについての詳細は、HP上にお客様の声として300名分を公開!

    就業規則の分析から、自社株の効率的な使い方、社会保障制度の活用まで多岐にわたる本サービスは、現在多くの個人・経営者様にご利用いただき、最近では企業の福利厚生サービスとしての導入数も増加!

    【会社概要】

    社名         :株式会社クレア・ライフ・パートナーズ

    本社所在地         :〒163-0603 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル3F

    代表取締役         :工藤 将太郎(くどう しょうたろう)

    事業内容            :ライフマネートレーニング事業、他多数。詳細はこちら

    設立                  :2012年7月

    公式ホームページ   :https://crea-lp.com/

     

    関連資料

    関連資料のダウンロードは、
    メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    email
    password

    株式会社クレア・ライフ・パートナーズのプレスリリース

    話を聞いてみたい

    株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
    所在地 東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービル3階
    代表者 工藤将太郎
    設立 2012年7月
    資本金
    従業員数
    リンク https://crea-lp.com/
    お気に入りを更新しました

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    「話を聞いてみたい」の送信は
    サインインしてからご利用ください

    email
    password

    入力した内容を送信する

    送信が完了しました

    Loading
    Update!
    Export!
    Upload!