年代・ジャンル
  • 担当カテゴリ
  • 担当詳細ジャンル(プロダクト)
  • 担当詳細ジャンル(サービス)
  • 販売先
  • 1st・ONLY表記
  • 現象・ファクト
  • 課題・トラブル
  • その他キーワード
  • シーズナル
  • エリア
  • email
    password

    【常設特集】私たちのSDGs

    掲載期間:2021/10/01 〜

    企業が取り組んでいるSDGsの活動を集めました。

    最終更新日時 
    2022年01月28日 10時06分

    エンターテインメント/芸能

    今話題の電動モビリティのリチウムイオンバッテリーもリサイクルを!

    2021年10月1日より、glafitの製造販売する「ハイブリッドバイクGFRの専用バッテリー」の無償回収を行い、提携会社を通じでリチウムイオンバッテリーのリサイクル活動を本格的に行います。(弊社への送料はユーザー負担)
    GFRユーザーのリチウムイオンバッテリーの廃棄に困るという声をいただき、これまでは1本1,100円の廃棄費用の負担を頂き、弊社にて廃棄を行ってきました。
    今後の電動化による資源の有効活用などを今から考えなければ、資源枯渇や高値などの弊害が出ることが容易に考えられます。このため、リチウムイオンバッテリーのリサイクルに取り組む企業と提携し、今後は弊社で販売したバイクのリチウムイオンバッテリーをリサイクルできる仕組みづくりを行って参ります。
    また、こうした取り組みを製造販売する弊社が率先して行うことで、業界団体での取り組みが広がるようにしていきたい。

    メディアが報道する意味

    現在電動キックボードをはじめとした電動マイクロモビリティが非常に注目を集め、今後の普及が見込まれる中、電気自動車を始めマイクロモビリティなど電動化に伴い多くのリチウムイオンバッテリーが利用されています。普及がこれから更に進む中で、リサイクルにも積極的に取り組む企業を通じで、現状や、リサイクル方法などを広く知らせることができる。

    関連リンク

    https://glafit.com/products/GFR/GFR-02/

    関連資料

    関連資料のダウンロードは、
    メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    email
    password

    関連商品

    関連プレスリリース

    話を聞いてみたい

    会社名 glafit株式会社
    所在地 和歌山県和歌山市出島36-1
    代表者 鳴海禎造
    設立 2017年9月1日
    資本金
    従業員数 16名
    リンク https://glafit.com/
    広報電話番号
    お気に入りを更新しました

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    「話を聞いてみたい」の送信は
    サインインしてからご利用ください

    email
    password

    入力した内容を送信する

    送信が完了しました

    Loading
    Update!
    Export!
    Upload!