年代・ジャンル
  • 担当カテゴリ
  • 担当詳細ジャンル(プロダクト)
  • 担当詳細ジャンル(サービス)
  • 販売先
  • 1st・ONLY表記
  • 現象・ファクト
  • 課題・トラブル
  • その他キーワード
  • シーズナル
  • エリア
  • email
    password
    パスワードをお忘れの方、ログインができない方はこちら

    掲載期間: 期限なし

    ライフスタイル

    岡野あつこ氏出演!「え?そんなことで?」何気ない一言が妻を怒らせる!ほんとは怖い【無自覚な夫の地雷ワード】

    ワイドショーや雑誌・Webコラム、などでのネタに!

    夫婦間で「無意識にいってしまうNGワード」知ってる?~コロナ禍後の夫婦の関係を円満に!~

    コロナで、家庭内での会話が増えた分、衝突やストレスは起きやすくなり、離婚に発展するケースが話題にも。
    これからの時代の夫婦関係を円満にやっていくためにも、一度言葉選びをチェックしてみよう!

    「なんでも、いいよ」「今日一日、何やってたの?」「俺も家事とか育児とか手伝うから」など
    意外にも誰でも無自覚に言ってしまい兼ねない、何気な~い一言。
    ほとんどの人に心当たりがある人も多い一言に、実は地雷ワードがある。

    「モラハラ夫」を、深刻に報道する企画でもよいが、本書が、提案するのは、
    ライトなステージで、円満に保つための「意外な地雷ワード」と「その言葉選び」。

    そして
    女性がそのとき、「どのような心境」かを、やや面白く、スカッとするかたちで、掲載している点だ。
    「テメーがやれ!」「は?聞き間違えじゃないよね」など、心の声を表現するところがスッキリポイント。

    また、調査リリースを出しているので、ランキングなどをご使用ください。
    ローデータもお貸しできます。(使用期限がありますが)

    コメンテーターの男性陣がゾゾゾとなるような戦慄フレーズで、笑いながらトークが弾み
    コメンテーターの女性陣が共感するという絵作りも浮かびます。

    書籍は自由にお使いください!
    ご興味のある報道関係者様に、本書のpdfを送付させていただきます。
    お問い合わせください。

    メディアが報道する意味

    コロナで家庭内モラハラやDV夫との関係が悪化したと言われる。子育て支援や少子化対策にも、伝える言葉は重要。

    関連リンク

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000437.000041489.html

    関連資料

    関連資料のダウンロードは、
    メディアアカウントでサインインしてからご利用ください

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    email
    password

    話を聞いてみたい

    株式会社 日本文芸社
    所在地 東京都江東区毛利2-10-18OCMビル
    代表者 吉田芳史
    設立 1959年1月1日
    資本金 1億円
    従業員数 72名(2021年3月31日現在)
    リンク https://www.nihonbungeisha.co.jp/
    お気に入りを更新しました

    送信エラーが発生しました

    画面を読み込み直してください

    メールアドレス、パスワードの入力に誤りがあるか
    メディア登録されていません

    「話を聞いてみたい」の送信は
    サインインしてからご利用ください

    email
    password

    入力した内容を送信する

    送信が完了しました

    Loading
    Update!
    Export!
    Upload!